がん保険

がん保険はガンと診断された時や手術、入院した時に給付金がもらえる生命保険です。医療保険のガン保障のみを特化したもので、他にも通院、先進医療、抗がん剤、放射線治療に対しても保障される保険商品もあります。

医療保険とのもっとも大きな違いは給付金の支払い日数が長く設定されており、診断給付金でまとまったお金をもらえるという点です。例えば診断給付金100万円、通院保障180日間(1日5000円)のがん保険であれば、年間50日間がんの治療で通院したとなると合計で125万円の給付金がもらえます。実費負担型のがん保険もありますが、一般的な種類だと治療費以外のお金を生活費などにも充てられるので実質的に生活保障としての役割もあります。

おすすめのがん保険はメットライフ生命の「Guard X(ガードエックス」で、合計5回まで治療給付金100万円、ホルモン注射1回につき10万円などが主な保障内容です。上皮内新生物も保障の範囲になっているので、早期がんにも対応しています。また保険料払込免除特約をつけるとがんと診断された以降の保険料を払う必要が無くなり、保障だけが一生涯残ることになります。

その他にも診断給付金や入院給付金、先進医療が付いており、がん保険の中でも保障範囲が広く手厚い保障を受けられる保険商品です。ご自身の病気に備えておきたいという方はぜひ一度資料を請求されることをおすすめします。

保険商品:メットライフ生命「Guard X(ガードエックス」